【最安値】プラハからチェスキークルムロフへの行き方!Flixbusに乗ってみたレビュー

チェコの首都プラハからバス往復で11ユーロ(≒1,430円)〜と他のバス会社と比べても最安値。所要時間も3時間とそこまで遠くはないので、気軽に行ける場所です。

この記事では、実際にプラハからチェスキークルムロフに行ってみた経験をもとに、バスの乗車レビューとチケットの予約方法についてご紹介していきます。

プラハからチェスキークルムロフまでは「Flixbus」が最安値でお得

プラハからチェスキークルムロフまでの行き方は、電車とバスで行く方法がありますが、電車に比べてバスの方が半額くらい安く、所要時間もバスの方が短いです。しかも電車の場合は乗り換えが必要なため面倒です。

そのため、よほどの電車好きではない限りバスで行った方が安くて快適です。

また、Flixbus以外に「REGIO JET」というバスも運行していますが、Flixbusよりも4〜5ユーロ高いので、結果、Flixbusが最安値となります。

車内の様子

布製の座席で広さもそこそこ。全く苦痛にならないサイズの座席です。

車内ではWiFiが利用できるだけでなく、コンセントも利用できるため、端末やカメラの充電も可能です。また、トイレも完備されていてとても快適に移動することが出来ます。

ただし、ブレーキの踏み方が日本のバスに比べて荒いため、乗り物酔いしやすい方は酔い止め薬を飲んでおくことをおすすめします。

バス乗り場への行き方

バスの乗り場は全部で4つ。その中でもメインのバス乗り場であるFlorencの場所は、フロレンツ(Florenc)駅の目の前がバスターミナルになっているので、迷う心配がありません。バスに乗る際はここがおすすめ。

そして、プラハの市街地から地下鉄に乗ってくることが出来るので簡単ですし荷物が多い場合も楽です。また、地下鉄の治安も悪くないので安心です。

ちなみに、旧市街広場から徒歩で20分くらいなので、歩けないこともない距離ですね。

Google maps:こちら

チケットの購入方法

チケットの購入方法は2通り。

  • FlixbusのHPでオンライン購入
  • バスターミナルで購入

となります。

以下の記事でFlixbusのHPでのオンライン購入方法を詳しく丁寧に図解していますが、一度見てみてそれでも自信が無い場合は、当日バスターミナルにて購入しましょう。

関連記事:【図解】Flixbusのチケットをオンラインで購入する方法

プラハからチェスキークルムロフ行きのバスは1日15本以上運行しており、座席が満席になることはないため、当日でも問題なく購入できますのでご安心ください。大体1時間おきに運行しています。

チェスキークルムロフからプラハ行きのバスは、往復で購入しておくとベターです。しかし、どのくらいチェスキークルムロフに滞在するか決めていないという場合は、チケットを片道だけ購入して行っても大丈夫です。帰りは、バスの運転手に直接支払えばバスに乗車することが可能です。

バスの時刻表

プラハからチェスキークルムロフ行き

プラハのバス停は、フロレンツ(Florenc)以外にもありますが、Andelでも大丈夫です。Main Railway Stationは所要時間が長いので、やめておいた方が無難です。

もう一つのRoztylyは、市街地から離れてしまうためバス停までのアクセスがしにくいのでご注意を。

チェスキークルムロフからプラハ行き

FlorencかAndel行きのバスに乗ればプラハの中心地まで来れるので、プラハの中心地を目指すならどちらかを選んでバスに乗るようにしましょう。

関連記事:1日で巡れる!チェスキー・クルムロフのおすすめ観光スポット8選とモデルコース

まとめ

チェスキークルムロフは、半日あれば回り切ることが出来るため、弾丸旅行の日帰りで行けないこともないですが、じっくり楽しむには最低でも1泊2日はほしいところです。

宿泊代もプラハより少し安いですし、夜の散歩と朝の散歩がとても気持ち良いので、ぜひチェスキークルムロフにも泊まってみてくださいね。

>>>チェスキー・クルムロフのおすすめホテル10選

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!