アディスアベバ空港から市内までの行き方!黄色タクシーかミニバスがおすすめ

アディスアベバのボレ空港から市内までの行き方をご紹介します。

行き方は全部で4通り。

  1. ホテルの送迎
  2. 黄色タクシー
  3. 青タクシー
  4. ミニバス(乗合タクシー)

です。

結論から言うと、安く行きたいならミニバス。コスパで考えるなら黄色タクシー。青タクシーはボッタクられる事で有名なので絶対乗らない方がいいです。

では、それぞれの行き方を一緒に見ていきましょう!

ホテルの送迎

アディスアベバ市内のホテルに宿泊する際、空港送迎サービスがある宿がかなりたくさんあります。なので、もし、ホテルの送迎サービスを利用したい場合は、宿泊予約時にお願いしておきましょう。

値段はホテルによってまちまちですが、最も高くなります。

黄色タクシー

次にご紹介するのは黄色タクシーを利用する方法です。一番コスパが良い移動手段です。理由は3つ。

  1. 料金が行き先のホテルによって定額で決まっている
  2. 車がそこそこキレイ
  3. 安全・安心

というのがあります。

アディスアベバにはメータータクシーがないので、基本的に全て交渉になるのですが、まず交渉をしなくてもいいスムーズさとボッタクられる&意味不明な理由で割増料金になる心配が皆無な点。

そして、車がそこそこキレイでドライバーがジェントルマンな人が多い点。

行き方で迷う場合は、黄色タクシーがおすすめです。

空港を出ると、タクシーの客引きの声をかけてくる人がたくさんいますが、黄色タクシーのドライバーなら安心してOKです。

日本人がよく滞在するピアッサ地区(Baro hotel,Taitu hotel)までは250ブル(≒990円)です。定額で決まっています。

他の場所も定額で決まっています。

もし不安な場合は、ホテルによって定額料金が書かれている料金表をドライバーが持っているので見せてもらってくださいね。

青タクシー

見た感じでヤバそうな雰囲気を醸し出している青タクシー。空港では、黄色タクシーの方が権力が強いのかあまり近寄って来ません。

(一部声をかけてきますが、明らかにヤバい人だなと分かります。)

ですが、次にご紹介するミニバス乗ろうとして空港の外に出ようとすると、必ず声をかけてくるのが青タクシーのドライバーです。かなりしつこく甘い言葉をかけてきますので、気をつけてください。

青タクシーの値段は定額で決まっておらず、要交渉。大体、黄色タクシーの2倍くらいの値段をふっかけてきます。

青タクシーはおすすめ出来ないというよりも、利用する理由が皆無ですね。

ミニバス(乗り合いタクシー)

写真に写っている青いハイエースがミニバスです。

最も安く市内まで行ける方法ですが、旅慣れていない人にはおすすめ出来ないです。

乗り場は、空港の外に出て10〜15分くらい歩いた場所にあります。

タクシーのドライバー曰く、上記写真のガソリンスタンドが乗り場になっていて、ピアッサ地区までは5〜10ブル(≒20〜40円)ほどで行けるとの事。激安ですね。

ただし、大きな荷物がある場合は、荷物代を別途5ブル取られる可能性があるみたいです。

行き先は、ミニバスのよって様々なので、乗車前に「ピアッサ?」と確認してから乗車しましょう。

ミニバスでさえも料金がバラバラなのがエチオピアンクオリティ。お金の事を細かく追求しすぎると疲弊してしまうだけなので、ここは大きな心で旅を楽しみましょう!

↑ここが空港からのミニバス乗り場。ガソリンスタンドが目印。

↑ここがピアッサ地区のバス降り場。日本人がよく宿泊するBaro hotelやTaitu hotelまでは徒歩5〜10分です。

まとめ

最後に注意点として、アディスアベバの治安は決して良いとは言えないため、早朝や深夜は絶対に青タクシーとミニバスは利用せずに、ホテルの送迎か黄色タクシーを利用しましょう。

エチオピアと言えば、世界一過酷と評判のダナキル砂漠ツアーについての記事を参加してみた経験をもとに詳しくまとめていますので、チェックしてみてくださいね。網羅しているのでこれ読めば完璧です!

関連記事:ダナキル砂漠ツアーの行き方・お得な申込方法・料金・持ち物・全日程の流れなどのまとめ

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!