カイロからルクソールまでの3つの行き方!電車はサファリホテルでの手配がおすすめ

カイロからルクソールまでの行き方をご紹介します。

行き方は全部で

  • 飛行機
  • バス
  • 電車

の3通りがありますので、それぞれの料金、所要時間、特徴を細かく比較解説しながら、僕が利用した夜行列車の1等席の予約から乗車、車内の様子までレビューしていきます。

飛行機で行く

飛行機で行くなら片道1万円〜航空券が販売されています。所要時間が1時間。

後述する寝台列車よりも値段が安くて所要時間が圧倒的に短いので、飛行機はおすすめの行き方です。

  • 料金:1万円〜
  • 所要時間:1時間

バスで行く

カイロからルクソール行きのバスは、夜21時発で所要時間が10時間。ただし、電車に比べて座席スペースが狭いため、電車をおすすめします。

  • 料金:約1,500円
  • 所要時間:10時間

チケットが購入できるバスターミナルは、以下の地図でピンを指している場所です。

日本人宿のサファリホテルやベニス細川家から徒歩でも行けます。Uberだと60円くらいです。

電車で行く

寝台列車

カイロからルクソールまでは洗面台付きの個室の寝台列車が運行しています。カイロは夜発です。

  • 料金:一人110USドル(二人で一人80USドル)
  • 所要時間:10時間半

カイロからルクソールで降りるのと、終点のアスワンで降りるのとでは値段が同じです。

普通列車

普通列車は1日に何本か運行しています。僕は22時発のバスを予約しました。

  • 料金:1等席 132ポンド(≒805円)
  • 所要時間:10時間半

他のブログを読んでいると夜行の寝台列車ならチケットを買えるけど、普通列車だと外国人にはチケットを売ってくれないと書いている人がたくさんいました。

だからと言って、寝台に乗るくらいなら時間が短くて寝台よりも安い飛行機を選びたいし、昼間の普通列車で移動して1日潰したくない。

何とか夜行の普通列車に乗れるいい方法がないか探していたら、日本人宿の「サファリホテル」にて夜行の普通列車を購入代行してもらえるという情報をゲット。

ということで、サファリホテルへ。

サファリホテルに入ると「カイロからルクソールorアスワン行きの列車が14USドル」という張り紙が貼ってあり、僕は宿泊者じゃなかったんですが当日に購入代行してもらえました。

支払いは、米ドル、エジプトポンド、円で可能でした。等価で支払えます。

正規料金の倍くらいしますが、自分で予約できないことを考えると、ありがたいことです。

チケットにはアスワン行きと書かれていますが、ルクソールで降りてもアスワンで降りても値段が同じため、アスワンと書かれているらしいです。

ちなみに、サファリホテルの1個下の階に日本人宿の「ベニス細川家」があり、ここでも普通列車のチケットを購入代行してもらえますが、サファリホテルに比べて値段が高いです。

それでは、夜行の普通列車でカイロからルクソールまでの流れと注意点を詳しく書いていきます。

21:30 Ramsis(ラムシス)駅

ルクソール行きの始発駅であるRamsis(ラムシス)駅に出発30分前に到着。

サファリホテルから徒歩でも行けますが、荷物が多く夜だったこともあり、Uberを利用しました。10ポンド(≒60円)。

カイロはUberが激安なので、気軽に利用できるのはありがたいですね。

駅の場所は以下の地図で記しています。

駅の入口にある荷物検査をくぐり抜け中に入ると、電光掲示板に時刻表が出ています。しかし、肝心の何番乗り場なのかが書いていないので、人に聞かないと全然分かりません。

聞く相手を間違うと平気で違う場所を教えてくるので、警察か駅の係員に聞くようにしましょう。

僕は聞く相手を間違って翻弄されました。笑

ここから駅のホームに入ります。チケットを提示して通過します。

何個も乗り場があり、ルクソール&アスワン行きの乗り場は8番プラットフォームでした。

21:50 乗車

出発10分くらい前に電車が到着。座席が指定で決まっていますが、どの車両に乗ればいいか全くわからないので、ここでも警察か駅の係員に聞くことをおすすめします。

地元の人に聞いたら、違う乗り場を教えられたり、お金を請求されたりするので、ちょっと面倒です。

僕は駅の係員に案内してもらいました。

車内の様子です。写真だとそこそこキレイに見えますが、そこそこ汚いです。

きっと「あー、なるほど。これで1等席なのか…。10時間乗って1,500円くらいだもんな。」という一言を漏らしたくなるはずです。

座席上部に番号が書いてあるので、チケットに書いてある座席に座ります。

カイロの交通ルールはめちゃくちゃですが、電車の座席はみんなちゃんと指定座席を守っています。意外と守るとこは守るんですね。

座席は広々。シートも柔らかい。バスにしなくて本当に良かったと思うこと間違いありません。十分寝れます。

注意点

ただし、一つだけ欠点があって、エアコンが効きすぎてめちゃくちゃ寒いです。

上着はユニクロのウルトラライトダウンジャケットを着ててちょうど良い。下はスポーツタイツだと寒くてその上からデニムを履いてちょうど良くなるくらいです。

半袖短パンは震えるくらい寒いと思うので、防寒対策を忘れずに。

車内設備

車内にはトイレがありますが、結構汚いです。そして、トイレットペーパーが置いていないので、各自用意しておきましょう。

コンセントやUSB端子もなく、充電は不可。もちろんWiFiも飛んでいません。

そして、停車駅がどこなのか?という車内アナウンスがないので、GoogleマップなどのGPSで確認しながら乗り過ごすことのないように注意が必要です。

ルクソールに到着したら・・・

タクシー運転手の客引き合戦が始まるので、気合いを入れておきましょう。

僕は、ハッピーランドホテルに宿泊予約をしていたのですが、ここに宿泊する場合は、宿まで無料送迎がついています。

駅を出て「TAXI?」と声を掛けてくる人がたくさんいるので「ハッピーランドホテル!」と言えば、ハッピーランドホテル専属のタクシー運転手がいるので、宿まで送迎してもらえます。

宿まで無料送迎がついている事を知らなかった&カイロで詐欺に遭った後だったので、無料というのが信じられずスルーしてしまいましたが、ぜひハッピーランドホテルに宿泊される場合は、無料タクシーを見つけて利用してくださいね。

関連記事:1泊540円!ルクソールおすすめ宿「ハッピーランドホテル」宿泊レビュー!コスパ抜群でWiFiもサクサク

まとめ

時間が無い場合は、飛行機で飛ぶことをおすすめします。寝台列車よりも安く、所要時間も1時間なので、心身の疲れも軽減されます。

そして、バスか電車で迷う場合は、どちらも値段も所要時間も同じくらいなので、座席が広々している電車の方が快適だと思いますよ。

もしかしたら、自分でも夜行列車の1等席チケットを購入できる日が来るかもしれないので、その時は自分で購入した方がお得です。

ただ、今のところ、サファリホテルにお願いするのが鉄板です。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!