世界一周が10万円台前半で出来る西回りルートの航空券をご紹介

世界一周は多額のお金がかかるもの。その中でも航空券がめちゃくちゃ高い!

そう思っていませんでしたか?

実は、世界一周分の航空券は10万円台前半で行けるルートが存在します。上手にルートを組めば10万円台で世界一周できちゃうのです。

世界一周航空券を購入すると40万円くらいかかりますが、自己手配だと1/3の値段で購入可能です。

そこで、この記事では世界一周分の航空券についてどうやって見つければいいかを西回りルートで具体的にご紹介しています。

西回りルートのメリット

まずは西回りルートのメリットについて少しだけご紹介させてください。

時差ボケが少ない

西回りだと時差が少ないのが一番のメリットです。旅の序盤から時差ボケで悩まされる心配はありません。

一方、東回りルートだといきなり10時間超えの時差があり完全に昼夜逆転するので、旅の序盤から時差ボケで悩まされることになります。

徐々に旅慣れ出来る

東回りだといきなりアメリカからスタートするわけですが、旅慣れしていない状態だと特に言語についていけなくてしんどいです。アメリカ本土の英語は早くて全然聞き取れませんし、独特のスラング(辞書に載っていないような言葉)が飛び交うので全然理解できません。笑

ですが、東南アジアから旅を始めると、英語のスピードがゆっくりなので、徐々に英語に対応することが出来ます。

10万円代前半で行く世界一周のルート

日本・成田(NRT)⇒タイ・バンコク(DMK) 14,336円

まずは日本人に人気が高いタイ・バンコクです。バンコクには空港が2つありますが、エアアジアが就航しているのはドンムアン空港着です。空港からバンコク市内までは電車で行くと最安値です。古くからあるバンコクの雰囲気を味わえるので楽しいですよ。

詳細:最安で簡単!ドンムアン空港からバンコク市内まで電車での行き方

タイ・バンコクでは

などをして楽しむことが出来ます。バンコクは比較的旅行の難易度が低い場所なので、旅慣れしておくと後の旅程がスムーズです。

遺跡・寺院好きならアユタヤ、チェンマイを目指すと良いでしょう。海好きならプーケット、リペ島などの離島を目指すと最高の楽しみが待っています。

また、南米やアフリカなど予防接種が必要な国にも訪れてみたいと考えるなら、バンコクでは日本の1/4くらいの価格で予防接種を受けられるので、一番最初にバンコク入りするのは旅のルート的に合理的です。

予防接種の種類によっては期間を空けて数回打つ必要があり、2週間くらい滞在が必要とされます。

関連:バンコク・スネークファームで予防接種!行き方・料金・スケジュールをご紹介

そのままバンコクに滞在していても良いですが、近隣のマレーシアやシンガポール、カンボジアであれば飛行機で往復1万円以内でアクセスできるので、少し予算を足して魅力的な国に訪れることも可能です。

タイ・バンコク(BKK)⇒ノルウェー・オスロ(OSL) 20,635円

タイ・バンコクから一気にヨーロッパに飛びます。北欧のノルウェー・オスロです。航空会社はノルウェジアン航空です。

インドや中央アジアにも寄ってみたいと思う人には物足りないと感じますが、節約したい人にとって東南アジアからヨーロッパまで片道2万円で渡航できるのはビックリする価格だと思います。

次に控えるフライトがイギリス・ロンドン発となるので、バスや電車を利用して陸続きにヨーロッパを南下しながら周遊するルートで周ることが出来ます。

ただし、ヨーロッパ内はLCC(格安航空会社)の路線が数多く出ており、片道1,000円台から飛行機で移動できます。場合によってはバスや電車より安いことも。

健康的に節約することを考えると、ヨーロッパでは1日1万円くらいの予算が必要です。予算に合わせて行きたい国を厳選してイギリス・ロンドンにたどり着くルートを考えてみましょう。

ヨーロッパでおすすめは、チェコ・プラハでの街歩きスペイン・バルセロナのサグラダファミリアなどのガウディ建築群を見て回りつつスペイン料理を楽しみ、フランスのモンサンミッシェルあたりは必見です。

イギリス・ロンドン(LGW)⇒アメリカ・フロリダ(MCO) 27,468円

ヨーロッパを周遊の最後にイギリス・ロンドンです。ヨーロッパからアメリカへ大西洋を渡る路線の中でイギリス・ロンドン発がかなり激安です。

イギリス・ロンドンからアメリカ・オーランドだと片道27,468円です。3万円以下で移動できるので破格です。到着空港はオーランドです。ディズニーランドがある都市です。ディズニーランド好きなら訪れてみたい候補ではないでしょうか。

アメリカ入国にはESTAの事前申請が必要で少なくとも入国3日前までに申請しておきましょう。

詳細:【図解】アメリカ旅行に必須!ESTAの記入例・申請方法・有効期限・料金をまとめて解説

オーランドはアメリカの東側になるので、近場だとニューヨークやマイアミがあります。フラッと訪れるのもアリです。

またキューバにも安価で行けるので、せっかくここまで来たならキューバまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

関連:4泊5日のキューバ旅行!観光情報と全費用まとめ

アメリカ・オーランド(MCO)⇒メキシコ・メキシコシティ(MEX) 10,005円

オーランドからだとメキシコ・メキシコシティまで片道1万円で行けます。せっかくなので訪れてみてはいかがでしょうか。

本場のタコスなど日本で食べるメキシコ料理とは全然違ってめちゃくちゃ美味しいですよ!

メキシコ・メキシコシティ(MEX)⇒アメリカ・ロサンゼルス(LAX) 15,872円

メキシコの次は再びアメリカに戻ります。次は西海岸のロサンゼルスです。アメリカ入国に必要なESTAは取得から1年以内なら再取得の必要はないので、そのまま入国出来ます。

ロサンゼルス内は、ハリウッドやビバリーヒルズなどがあったり、アメリカ発祥のアパレルブランドが日本の2〜3割引で購入できるので、お買い物を楽しむのもアリです。

また、バスで片道4時間・5〜10ドルほどでラスベガスに行けるので、ふらっと立ち寄ってみると楽しさも広がります。

で、ラスベガスまで行くとグランドキャニオンなどのグランドサークルを巡るツアーがたくさん出ているので、もし予算に余裕があるならグランドサークルツアーに参加するのも良いですね。むしろここまで来たら絶対に参加した方が良いですよ!

関連:ロサンゼルス旅行記・おすすめ観光スポット・お得情報まとめ

アメリカ・ロサンゼルス(LAX)⇒日本・成田(NRT) 38,101円

ロサンゼルスから日本への直行便だと高くなりますが、香港経由だと片道4万円以下で日本に帰ってこれます。

持っていきたい旅グッズ

世界一周に何を持っていけばいいか分からない場合は、実際の経験をもとに厳選してまとめていますので、参考になれば幸いです。

持ち物チェックリスト編:これで準備完ペキ!海外旅行に必須な持ち物と便利グッズのチェックリストまとめ

マニアック編:海外旅行・世界一周者必見!マニアックな持ち物と便利グッズ

まとめ

世界一周するのは多額のお金が必要と言われていたのは少し前の時代。

今では10万円代前半で航空券を購入することが出来るので、金銭的ハードルがだいぶ低くなっています。

世界一周が遠い夢物語ではなく、もっと身近になればいいなと思い書かせて頂きました。

しっかりルートを組めば、南米やアフリカに訪れても20万円以下で世界一周出来るルートが眠っているので、どんどん探してみてください。

世界一周は人生で一度ではなく、もっと身近なものですよ!

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!