モンサンミッシェルが見える!コスパ抜群のホテル・ドゥ・ラ・ディーグ宿泊レビュー

ホテルからモンサンミッシェルを眺めることが出来る「ホテル・ドゥ・ラ・ディーグ(Hotel De La Digue)」に宿泊してきました。モンサンミッシェルから徒歩で25分。ホテルの目の前にはモンサンミッシェル行きの無料シャトルバスが停まる非常に立地が良いホテルです。

ホテル

日本のパッケージツアーでも利用されている四つ星ホテルで、ロケーションが良いのにお手頃に泊まれると日本人にも人気があります。僕は宿泊した9月上旬は、宿泊者がJTBのツアーで来られている日本人だらけでした。

建物はとてもシンプルに作られていて、色んな部分に日本語を見かけます。ヨーロッパで日本語を見かけることは珍しいのですが、それほど日本人観光客が多いんでしょうね。

フロントのそばには観光案内のチラシがたくさん置いてありました。

立地

Google maps:こちら

モンサンミッシェルを観光するにあたり、ホテル・ドゥ・ラ・ディーグは非常に観光しやすい立地です。周辺のショップはもちろん、メインとなるモンサンミッシェルまでも徒歩圏内でアクセスしやすく便利です。レンヌ駅からの乗降するバス停までも徒歩10分以内の距離です。

ホテルに併設されているレストランのテラス席からは、モンサンミッシェルを眺めることが出来ます。

モンサンミッシェル行きに無料シャトルバスも目の前に停まるので便利です。

深夜まで無料のシャトルバスが出ているため、モンサンミッシェルの夜景も気軽に見に行けます。

客室

今回予約したのはツインルームで、コンセントは少なめ。部屋では無料WiFiを利用することが出来ます。バルコニーがあったおかげかそこまで窮屈さを感じることはありませんでした。

落ち着いたオレンジ色が基調となった温かみのあるお部屋です。

天気が悪かったのであまり眺めはよくありませんが、腫れていると気持ち良いと思います。

作業が出来るデスクがあり、結構大きかったです。そして、ミネラルウォーターとクッキーがサービスで置かれていました。何気にこういうの嬉しいです。ですが、残念なことに部屋に冷蔵庫がありませんでした。

電気ケトルなども置いていないので、持参したインスタントの温かいコーヒーやお茶は飲めませんでした。これも残念。

ここら辺のホテルの相場は二人で2万円くらいするので、二人で8,000円台だった事を考えると贅沢は言えません。

バスルーム

シャワールームの広さはまあまあといったところ。シャワーの仕切りカーテンはなく、中途半端なサイズの扉?で仕切るタイプ。もちろんシャワーの水が外に飛び散っていました。シャワーの水圧は問題なし。

ドライヤーの風圧は強めに感じましたが、髪の長い女性は弱く感じるかもしれません。

アメニティは、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが一通り揃っており、綿棒なども付いていました。

大小タオルは人数分完備。

レストラン

ホテルに併設されているレストランは、周辺レストランと比べても値段はほぼ同じでした。写真はディーナーで食べたメニューの一部ですが、どれも美味しかったです。予算的には1人15〜20ユーロほどです。

ホテル周辺のお手軽カフェ・レストラン

ホテル周辺はレストランが数店舗しかなくカフェが1店舗のみ。上記写真の「Doree」というカフェが一番安く食事を取れるカフェです。

予算は1人5〜8ユーロです。上記メニューで7.8ユーロ。思った以上にパンのボリュームがあるので、パンだけでも十分お腹いっぱいになります。

近くにスーパーマーケットがないため、自炊は難しいです。

まとめ

ホテルはとてもキレイで清潔で快適に過ごすことが出来ます。チェックイン時間が16時と遅めなのですが、荷物を無料で預入できるので、重い荷物を置いて観光に行くことが可能です。

雰囲気や立地は抜群でスタッフ対応も良かったです。2人で9,000円以下のホテルと考えるとコスパは抜群だと思います。

何よりモンサンミッシェルを眺めることができ、近いというのがベストポイントです。

>>>ホテル・ドゥ・ラ・ディーグ(Hotel De La Digue)の詳細を確認する

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!