ケープクロス(オットセイ)・スケルトンコーストパーク(骸骨海岸)のおすすめルートと注意点#6日目

ナミビアレンタカー反時計回り周遊旅の6日目の様子をご紹介していきます。6日目は座礁船、オットセイのコロニー、スケルトンコーストパーク(骸骨海岸)をドライブ。6日目からメンバーが3人増えて5人になりました!

ナミビアレンタカー周遊6日目の大まかな日程

  • スワコプムント(Skeleton Beach Backpackers)
    ↓  約1時間
  • 座礁船ポイント
    ↓  約40分
  • Cape Cross(オットセイのコロニー)
    ↓  約50分  Skeleton Coast Park入口まで
  • Skeleton Coast(骸骨海岸)内でドライブ
    ↓  約6時間
  • 座礁船ポイント
  • ↓  約1時間
  • スワコプムント(Skeleton Beach Backpackers)

走行距離751km。

ナミビアレンタカー周遊について「ナミビアレンタカー10日間周遊まとめ!ルート・見どころ・日数・キャンプサイト・費用・注意点」を先に読んで頂くことで、全体像と流れが見えて計画を立てる時間が短縮されると思います。

結局、スケルトンコーストパーク内に入らなくても良かったんじゃない?という感じになったので、詳しくは続きを読んでみてください。

8:15 スワコプムントの宿を出発

Skeleton Beach Backpackersに宿泊していた日本人3名とシェアする流れになり、5名が車に乗り込みドライブ開始。

  • 今回が初海外でアフリカ大陸縦断中の25歳青年
  • 世界中飛び回りすぎて何ヶ国行ってるか分からなくなっている巨匠
  • 世界一周中のエンジニア系カメラ女子

という濃すぎる人たち。濃い。ほんと濃い。

という事で、まずはオットセイのコロニーを目指して車を走らせていたところ、観光バスが停まっているポイントがあったので、便乗してみることに。

すると、座礁船ポイントでした。早い。ポイントが早すぎる。出発から1時間。まさかこんな場所に座礁船があるなんて!

9:15 座礁船ポイント

何かの骨で人体を描いたもの。人骨じゃないよね?と、みんなで何度も確認しながら不気味さを感じた座礁船ポイント。

湿度100%になるスワコプムント周辺だからなのか理由は分かりませんが、よく座礁するとの事。

とにかく雰囲気がやばくて、まるでパイレーツ・オブ・カリビアンの世界。

カラスがめっちゃ止まっていることで、さらに陰湿な雰囲気を醸し出していました。

10:00 Cape Cross(オットセイのコロニー)

10万頭以上のオットセイが集まると言われるケープクロス。その姿を1年中見る事が出来る有名な観光スポットです。

スワコプムントからケープクロスまでは約130km。スケルトンコーストパーク(骸骨海岸)に向かう道の途中にあります。出発から座礁船ポイントに寄りながら2時間45分で到着。

ケープクロスはパーミットが必要なので、入口の事務所で取得。土日でもやっているので事前取得不要です。

パーミット代内訳
・入場料:80ナミビアドル/名

・車:10ナミビアドル/台

海岸沿いに向かうと・・・

オットセイの大量死体が!と錯覚するほどリラックスした状態で出迎えてくれました。

決して可愛いとは言い難いこの有様と、酔っぱらいのおじさんが嗚咽するような鳴き声。そこはまるで酔っぱらいおじさん収容所のような雰囲気と化していました。

よく見ると確かに可愛い。動きも可愛い。

でも、大量の嗚咽するような鳴き声と悪臭はやっぱり酔っぱらいおじさん収容所にしか見えなくなっている自分がいました。

でも世界中でこんな光景を見れるのはなかなか無いので良いもの見れました。何だかんだ30分くらい滞在。

Cape Cross(オットセイのコロニー)の地図

続いて、スケルトンコーストパーク(骸骨海岸)へ!

ここからの道のりは未舗装道路になっていくのでドライバーの方は心の準備を。

11:20 スケルトンコーストパーク(骸骨海岸)

ケープクロスから約50分でスケルトンコーストパークの入口に到着。

無数に残る座礁した船の残骸、動物や人などの骸骨などが現在でも数多く放置されているらしく死の雰囲気が漂う海岸となっているとの事。

実際に入口には多くの骸骨が並べられていて、その雰囲気は異質そのもの。完全に不気味です。

こんなのがあったり。

こんなものまで。

ケープクロス同様にスケルトンコーストパーク入場にはパーミットが必要なのでここで取得します。土日でもやっているので事前取得不要です。

スケルトンコーストパークは夕方になるとゲートが閉まるので、時間には十分にご注意ください。

パーミット代内訳
・入場料:80ナミビアドル/名

・車:10ナミビアドル/台

未舗装道路をひたすら走り続けます。

一番最初に見つけたのは、大型の石油採掘跡地のような場所。

風化して廃れに廃れまくっています。IDECO社という事だけは分かりますが、一体これが何なのかは不明。

登ろうとしてみたんですが、かなりもろくなっていて、ちょっとの事で崩壊しそうだったのでやめておきました。これはいつまでここにあるか分からないものですし、ちょっと経つともっと風化してそうです。

ひと通り見終えてさらに先に進みます。

この後は、たまに出てくる標識を目印に、何があるかを探っていくドライブ。

走れど走れど座礁船どころか海岸沿いを走るわけではなくひたすら砂漠の砂利道。何も転がっていません。

何となく入れそうな小道を進んでいくと海に出れますが、骸骨はほとんど落ちていませんでした。もちろん座礁船のおらず。

何度も小道に入って見つけた収穫はこれだけ!笑

あれよあれよと「Torra Bay」までたどり着きましたが、結果、全く骸骨海岸ではないというオチが待っていました。笑

そして、これだけじゃ帰れないということで、先に進むことに。この先にある「Terrace Bay」まで行けばガソリンスタンドがありそうだと分かりイチかバチかGO!

結局何も無く、給油だけしてスワコプムントに帰りました。未舗装道路を頑張って運転してきた見返りが車が超汚くなるというものでした。無念すぎる。。

一応、記念にガソリンスタンドをピンで示しておきます。

スワコプムントへ帰る

帰っていると、ちょうど夕日時に座礁船ポイントに着いたので、少し遊んでから帰りました。

労力に対する収穫の無さに凹んで完全にすねている心の現れ。

6日目の走行距離は751km。ここまでずっと1人で運転してきたので7日目は休養日。

美味しい牡蠣(カキ)が安く食べられると有名なスワコプムントで牡蠣を食べて栄養補給!牡蠣が買える場所などをご紹介します。

7日目:スワコプムントで牡蠣を買ってたらふく食べる休養日

ナミビアレンタカー周遊の全日程を1日ごとに記事にしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。細かい部分まで網羅して書いています。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!