ラスベガス空港から市内ホテルまでの行き方を徹底比較|Uberが安くて早くて便利

この記事ではラスベガスのマッカラン空港(LAS)から市内及びホテルに行く方法について、徹底比較しています。

最安値で行く方法、コスパが良く楽な方法、団体向けの方法など、最適な行き方が見つけやすくなるようにまとめていますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

ラスベガス空港から市内及びホテルへ行く方法は全部で5通り

Googleマップで見ると空港から市内まで非常に近く見えますが、実際はストリップまで8〜9km離れている上に、道路自体が歩行者用に作られていないので徒歩移動は難しいです。

そのため、ラスベガス空港から市内及びホテルまでアクセスする方法は

  • Uber
  • タクシー
  • シャトルバス
  • 路線バス
  • 専用送迎サービス

の5つです。

種類 費用 所要時間 チップ
Uber 13ドル前後 10〜15分
タクシー 20ドル前後 10〜15分 15〜20%
シャトルバス 10ドル前後 約30分 1ドル
(荷物代)
路線バス 6ドル 約30分
専用送迎 55ドル 10〜15分

それぞれの特徴を分かりやすく解説していきます。

Uber

僕自身はUberを利用したのですが、ラスベガス観光の中心地ストリップにあるエクスカリバーホテルまでだとpoolで12.86ドル、Uber Xで13.54ドルでした。

所要時間は21時前に空港から乗車して10分くらいで到着。

日本でモバイルWiFiをレンタルしてくるかアメリカで使えるSIMカードをAmazonで購入してスマホに入れておけばネットが利用できるのでUberを利用可能です。

英語でのコミュニケーションをしなくてもOKなので最も簡単かつ費用的にも安いので一番おすすめな方法です。

タクシー

メーター制のタクシーなので安心して乗車することが出来ます。タクシー乗り場は空港到着後にサインボードで示されているので、それに従って進んでいけばOKです。

しかし、Uberよりも値段がかかる上に英語でのコミュニケーションを取らないといけないのでやや面倒です。

料金は乗車料金+チップ15〜20%が必要なので、ストリップ周辺なら23〜38ドル、ダウンタウン周辺なら35〜46ドル見ておくといいでしょう。

所要時間はUberと変わらずストリップ周辺なら10分程度、ダウンタウン周辺なら15〜20分程度です。

シャトルバス

相乗りタイプのシャトルバスで空港から滞在先のホテルまで送迎してくれます。

シャトルバスの乗り場も同様に空港到着後にサインボードで示されているので、それに従って進んでいけばOKです。空港から出た乗り場付近に受付があるので、現地で受付&支払いをします。

シャトルバスの会社が4つあり料金が若干異なりますが、ストリップ周辺なら8〜10ドル、ダウンタウンなら20〜25ドルが相場です。

スーツケースなど大きな荷物がある場合は、チップを1ドル渡すのがマナーです。

所要時間はストリップ周辺なら約30分、ダウンタウン周辺なら約40分です。相乗りで各ホテルに立ち寄りながら目的地に向かうため、上記より多少時間がかかる事も。

2名以上で移動する場合は、Uberの方が安くなります。

路線バス

空港からダウンタウンまで運行している路線バスがあり、空港から市内までの移動手段の中では最安値です。しかし、バス停からホテルまでは徒歩移動になるので、やや面倒です。

料金は6ドル、10~30分間隔で24時間運行しています。

料金はバス乗車時に運転手に支払います。お釣りがもらえないので、必ず小額紙幣を用意しておきましょう。

2名だとUberの方が若干高くなりますが、1ドルくらいしか変わらないと思うので、2名以上の場合はUberの方がおすすめです。

レンタカー

レンタカーを利用する場合は、空港から無料のシャトルバスを利用してマッカランレンタカーセンターまで移動する必要があります。

少し戸惑うかもしれませんが、空港到着後のサインボードに記されている「Rental car Buses」を目印に進んでいけば、マッカランレンタカーセンター行きの無料シャトルバス乗り場に行けるので、落ち着いて行動しましょう。

マッカランレンタカーセンターの場所は以下です。

関連:アメリカのレンタカーで安くておすすめはどこ?大手5社の値段を徹底比較

マッカラン空港から市内ホテルまでUberで移動する方法

空港に到着後、サインボードに「Taxi」と記されている方向に進みます。

「Parking」「Passenger Pick Up」と書かれているサインボード通りに進みます。

空港の外に出て立体駐車場まで歩いて行きます。

すると「Ride Share」と書かれた目印が出てくるので、エレベーターで2Mに上がります。

エレベーターを出るとUber待ちの場所があるので、そこで乗車します。

Uberを呼ぶとドライバーの名前、車種、ナンバープレートが表示されるので、見つけやすくて安心です。

乗車後は、到着時間目安と料金がちゃんと表示されます。

まとめ

空港からの移動が1名の場合は、シャトルバスがコスパが良いですが、2名以上ならUberが安くて早くて便利です。

英語でのコミュニケーションが取れるか心配な場合やはじめての土地だと不安という場合は、日本語対応してくれる専用の空港送迎サービスもあり事前手配も可能です。

詳細:ラスベガス空港から市内までの送迎サービス(日本語ドライバー)

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!