1年間の世界一周でかかった合計費用とルートを国別にまとめて公開します

世界一周を考え始めると、費用っていくらかかるんだろう?ルートはどうすればいい?という疑問が出てくると思います。この記事ではそんな疑問にお答えしていきます。

夫婦で旅した1年間の世界一周で44ヶ国回ってかかった全ての費用とルートを公開します。長くなりますがかなり役に立つと思いますので、ブックマークするなどして時間のある時にじっくり読めるようにしておくと便利ですよ。

このブログに出会えて良かったと思って頂けるように書いていますので、ワクワクドキドキしながら読み進めてみてください。

目次

世界一周にかかった合計費用

全合計:3,241,179円/名

上記は世界一周にかかった費用の一人あたりの合計金額です。夫婦合計の金額だと6,482,358円です。

ザックリと内訳を分けると以下です。

  • 世界一周準備費用:652,910円/名
  • 旅費のみ合計:5,176,538円(2,588,269円/名)

旅費のみであれば一人あたり250万円という計算になります。

僕らの旅のスタイルはバックパッカースタイルで安宿を泊まり歩き自炊しながら旅していました。しかし行きたい場所、見たい場所はお金の事を気にせずガンガン攻めた旅のスタイルです。抑えようと思ったら100万円台で全然可能だと思います。

それでは細かい内訳を書いていきます。まずは世界一周準備費用からです。

世界一周準備費用

語学留学 500,000円

世界一周に出る前にフィリピン・セブ島で3ヶ月間英語留学しました。留学費、滞在費など全て込みで500,000円でした。

留学する前は中学1年生レベルの英語力だったので世界一周に行く前に英語を勉強していて本当に良かったと思っています。そして、学校で出会った人たちとの出会いもかけがえのない財産になっています。

僕が行ったのは旅人が集まるクロスロードという学校です。どんな学校なのかは「フィリピン・セブ英語留学クロスロードの口コミと評判は噂通り?実際の体験記をご紹介!」にて詳しく書いています。

一言で言うと、世界一周を考えているなら圧倒的におすすめな学校です。世界各国で合流して一緒に旅する仲間がわんさか出来ます。

海外旅行保険 137,550円

保険デザインパートナーズさん経由で日新火災保険という会社の海外旅行保険に365日分で加入しました。補償内容と金額を自分で取捨選択できるバラ掛けできるタイプのため、他社に比べて10万円弱安かったです。料金は137,550円でした。

他社比較を徹底的に調査した内容を「世界一周用の長期海外旅行保険を9社徹底比較&考察!海外旅行歴10年の僕が選んだのはここ!」にてまとめていますので、詳しく知りたい方は読んでみてください。

予防接種 15,360円

タイ・バンコクにあるスネークファームという病院で予防接種しました。種類は黄熱病、狂犬病、日本脳炎、A型肝炎、腸チフス、破傷風+ジフテリア+百日咳の3種混合の6種類で15,360円でした。

日本で受けると10万円弱するので航空券や滞在費を合わせてもタイ・バンコクで受けた方が安かったです。世界一周を西回りで考えている場合は、タイでの予防接種はおすすめです。

実際に予防接種に行ってきた内容を「バンコク・スネークファームで予防接種!行き方・料金・スケジュールをご紹介」で詳しくまとめています。

旅費(費用とルート)

各大陸・国ごとに44ヶ国分の費用をルートやおすすめスポットをご紹介しながら公開します。2名分の費用で書いていきますので、1名分で計算したい場合は1/2してください。

ヨーロッパ

ヨーロッパは11ヶ国を約70日間かけて周遊しました。かかった費用は2人で1,260,647円。1人1日約1万円計算です。

ヨーロッパの周遊は日本のAmazonで周遊用SIMを購入していけば国境を越えても特に設定無くそのまま使えるのでおすすめです。

関連:42ヶ国で利用可!ヨーロッパ周遊に超便利なSIM「Three」を10ヶ国20都市で使ってみたレビュー

ギリシャ7泊8日 342,943円

世界一周の始まりは日本からシンガポールを経由してギリシャに入国。東南アジアを飛ばしてヨーロッパからスタートしました。アテネ2泊、ミコノス島2泊、サントリーニ島3泊の計7泊8日で3都市に訪問。

ギリシャ旅のルート

ギリシャ旅のルートはアテネを観光してからミコノス島までフェリー、ミコノス島からサントリーニ島までフェリーというルートで行きました。

見どころはアテネのパルテノン神殿、まるで絵本の中にいるような青と白のカワイイ街並みのミコノス島、新婚旅行憧れの地サントリーニ島です。

観光情報や行き方は全て記事にしてあるので、ぜひ読んでみてください。

スペイン19泊20日 297,908円

ギリシャ・サントリーニ島からスペイン・マドリードに飛行機で入国。マドリード6泊、バレンシア5泊、バルセロナ8泊の計19泊20日で3都市訪問。

スペイン旅のルート

スペインはマドリードからバレンシア、バレンシアからバルセロナというルートで全てバス移動で回りました。

マドリードにある世界最古のレストランにあるサングリアに感動し、パエリア発祥の地バレンシアでパエリアを楽しみ、サグラダ・ファミリアを始めとするガウディ建築群があるバルセロナでスペインの情熱を感じる躍動的な旅でした。

それほど物価が高くないこともあり、気がついたら3週間近くも滞在していました。スペインはあっという間に時間が過ぎ去ります。電車でのスリが多発しているのでご注意を。

余裕があったらグラナダやサンセバスチャン、イビザ島も行きたかったですね。何百キロも歩く巡礼に参加する人も多いですよ。

フランス4泊5日 96,752円

スペイン・バルセロナからフランス・レンヌに飛行機で入国。モンサンミッシェルに1泊、パリに3泊の計4泊5日で2都市に訪問。

フランス旅のルート

モンサンミッシェルの最寄り空港レンヌからバスでモンサンミッシェルに行き、パリまで電車で抜けるルートで回りました。

モンサンミッシェルは写真で見るよりも迫力満点。パリはルーブル美術館など定番スポットは必見です。

カンヌなどを回りつつスイスに入国してからパリに戻ってくるというルートも考えましたが、スイスは予算的にも日数的にも合わなかったので、王道の観光地巡りをしました。

ベルギー 3泊4日 30,567円

フランス・パリからベルギー・ブリュッセルにバスで入国。ベルギーはブリュッセルのみ3泊4日。

ベルギー旅のルート

ブリュッセルだけの滞在なら1〜2日あれば十分に観光できます。これといった特徴的な観光スポットは無いですが、民家がキレイなのでただ住宅街を散歩しているだけで楽しいです。ふらっと不動産屋を見ましたが、家を買うのに「億」かかります。

定番のワッフルやチョコレートは安くて美味しい。そして思ったよりも小便小僧が小さい(笑)

ブルージュに日帰りで観光に行けるので、行っておけば良かったかなとちょっと後悔。オランダまではめちゃくちゃ近いのでバスで十分です。1,000円するかしないかで行けます。

オランダ 4泊5日 68,697円

ベルギー・ブリュッセルからオランダ・アムステルダムにバスで入国。アムステルダムに2泊、ハウダに2泊、ユトレヒトに日帰りの計4泊5日で3都市訪問。

オランダ旅のルート

アムステルダムを観光し、ゴーダチーズ発祥の地ハウダを拠点にユトレヒトまで日帰り観光に行ってアムステルダムに戻るルートで回りました。

アムステルダムのS◯X博物館は衝撃的。また都会から離れると広がる広大な牧場の風景はグッとくるものがあります。オランダはチーズ食べながらバス乗ってるのが一番楽しかったです。

ドイツ 4泊5日 63,280円

オランダ・アムステルダムから夜行バスでドイツ・ベルリンに入国。ドイツのルートはちょっと変わっていて、ベルリンの次にチェコ⇒スロバキア⇒オーストリアを回った後に再びドイツに入りフュッセン⇒ミュンヘンというルートです。

ベルリンに2泊、フュッセンに2泊、ミュンヘンは昼間のみの計4泊5日で3都市訪問。

ドイツ旅のルート

ヨーロッパ周遊の場合は、ドイツからチェコやオーストリアに寄りながら再びドイツに戻ってくるのがおすすめのルートです。ベルリンまで来たらチェコやオーストリアは絶対に立ち寄るべきです。絶対です。

ドイツはシンデレラ城のモデルになったと言われるフュッセンのノイシュバンシュタイン城は一見の価値あり。街並みがキレイで空気が澄んでいて心地良い街でした。

チェコ 8泊9日 52,765円

ドイツ・ベルリンからチェコ・プラハにバスで入国。プラハに4泊、モラビアの大草原に日帰り、チェスキークルムロフに4泊の計8泊9日で3都市訪問。

チェコ旅のルート

プラハを観光し、レンタカーでモラビアの大草原に日帰りで行き、バスで街全体が世界遺産になっているチェスキークルムロフに行ってプラハに戻るルートで回りました。

プラハの街並みはまるでファイナルファンタジーの世界にいるような錯覚になります。つまり最高です。モラビアの大草原はベストシーズンを外してしまったのでちょっと残念でしたが、それでも圧巻の大草原でした。

チェスキークルムロフの穏やかな街も心地良かったです。

スロバキア 4泊5日 40,173円

チェコ・チェスキークルムロフからスロバキア・ブラチスラバにバスで入国。ブラチスラバに4泊のみ。

スロバキア旅のルート

チェコからオーストリアに行く予定だったのですが、通り道だったので何となく立ち寄ってみました。控えめに言って特に見どころはありません。おかげさまでスロバキアに関する記事は一つも書いていないです。

隣国のハンガリーと迷うなら間違いなくハンガリーをおすすめします。

オーストリア 6泊7日 76,561円

スロバキア・ブラチスラバからオーストリア・ウィーンにバスで入国。ウィーンに4泊、ザルツブルグに2泊の計6泊7日で2都市に訪問。

オーストリア旅のルート

音楽を楽しんだオーストリア。ウィーンでクラシックを聴き、ザルツブルグで歴史を感じる旅でした。街を歩いていると路上パフォーマーがクラシックを奏でている確率が圧倒的に高く観光をより楽しませてくれます。

日程が合わずウィーン少年合唱団を見に行けなかったのが心残り。ドタバタしていて記事が書けていません。

イギリス 1泊2日 15,828円

オーストリア・ザルツブルグからドイツ・フュッセンに訪問後、ドイツ・ミュンヘンに電車で移動してそのままイギリス・ロンドンに飛行機で入国。ロンドンに1泊のみ。

イギリス旅のルート

観光はせずメキシコ・カンクン行きの飛行機に乗るために立ち寄りました。空港近くのairbnbに宿泊したのですが、調度品が飾ってある豪邸で興奮しました。

ポルトガル 5泊6日 175,173円

ルート的に前後してしまいますが、南米縦断の後にブラジル・サンパウロからポルトガル・ポルトに入国。ポルトに2泊、リスボンに3泊の計5泊6日で2都市に訪問。

ブラジルからの航空券代約10万円も含んでいます。

ポルトガル旅のルート

ポルトを観光して電車でリスボンに立ち寄ったルートで回りました。ポルトガルには全然期待していなかったのですが、また行きたいと思うほど良かったです。何と言っても素朴感がたまりません。

魔女の宅急便のモデルとなったと言われるポルトの街並みが特に素朴感を感じられます。ポートワインも美味しいです。

中南米・カリブ

中南米・カリブ編はメキシコ、キューバ、グアテマラ、パナマの4ヶ国を約一ヶ月半かけて回りました。かかった費用は507,906円。1人1日約5〜6,000円計算です。

メキシコ 15泊16日 276,111円

イギリス・ロンドンからメキシコ・カンクンに飛行機で入国。カンクンに15泊と周辺の都市・島に日帰りで計15泊16日で5都市に訪問。

イギリスからの航空券代が約8万円かかっているので高くなっています。

メキシコ旅のルート

ヨーロッパ周遊の疲れもあって滞在日数が多くなりました。世界一周はどこで休息を取るかも大事。物価が安くて過ごしやすい場所が良いです。

ただし、カンクンや周辺のゴルフカートで街中を移動するイスラ・ムヘーレス島、ダイビングスポットのコスメル島など意外と観光スポットが多くて結構動き回っていました。休んだようで休んでない。誘惑が多いとダメですね(笑)

カンクン及び周辺地域はセノーテやビーチがめちゃくちゃキレイです。

メキシコシティやオアハカにも行きたかったですが、南米のベストシーズンを逃したくなかったので断念。

ちなみにカンクンは、キューバの玄関口として有名でキューバに行っている間は荷物を預かってもらえる宿が多いです。

キューバ 2泊3日 65,432円

メキシコ・カンクンからキューバ・ハバナに飛行機で入国。キューバは人生2度目でしたが妻の体調が悪くなりやむなく2泊3日の短期滞在でメキシコ・カンクンに戻りました。

キューバ入国にはツーリストカードと海外旅行保険の英文の証明書が必要です。

キューバ旅のルート

ハバナのみの観光に終わってしまいましたが、1回目に訪れた時はガッツリ楽しんだので記事にしています。キューバ情報はまだまだ少ないと思うので、参考になれば幸いです。

グアテマラ 25泊26日 162,458円

メキシコ・カンクンからグアテマラ・グアテマラシティに飛行機で入国。グアテマラシティは世界有数の凶悪都市で有名なので、空港からアンティグアまでタクシーで直行。

アンティグアに9泊、サン・ペドロ・ラ・ラグーナに16泊、パナハッチェルとチチカステナンゴに日帰りの計25泊26日で4都市に訪問。

グアテマラ旅のルート

アンティグアで観光しつつ、南米縦断の旅に向けてサンペドロ・ラ・ラグーナで2週間スペイン語留学しました。2週間の留学で学費、滞在費、食費、周辺地域の観光など全て合わせて5万円以下と激安なので時間のある人はスペイン語留学おすすめです。

アンティグアは日本人宿「ペンション田代」に行けばふんだんに情報がもらえるので、まず行くことをおすすめします。そしてサンペドロは日本人宿「カモモシ」はクセのあるおじさんですが、めっちゃ良い人&良い宿で食事が美味いです。

また、サンペドロを拠点にパナハッチェルやチチカステナンゴに雑貨類の買い付けをしに行く人も多数います。どちらかというと女子はハマると思います。

今振り返ると南米旅の前にスペイン語を学んでおいて本当に良かったです。2週間あれば旅するのに困らない程度は身につきますよ!あと、とにかくコーヒー激ウマです。

パナマ 1泊2日 3,905円

グアテマラ・グアテマラシティからパナマ・パナマシティに飛行機で入国。特に観光せずトランジットで1泊のみ。

当初はパナマからコロンビアまで船で渡ろうとしていましたが、治安的にあまりにも危険すぎるという事で飛行機でコロンビアへ。

南米

南米は基本的にバスで最南端まで縦断。約四ヶ月半かけて回りました。かかった費用は1,376,000円。1人1日約5,000円計算です。

コロンビア 17泊18日 172,822円

パナマ・パナマシティからコロンビア・メデジンに飛行機で入国。陸路で渡るロマンもあったんですが、とんでもなく危険だという事を知り断念。

メデジンに6泊、サレントに4泊、カリに2泊、サンアグスティンに3泊、ポパヤンに1泊、イピアレスに1泊の計17泊18日で6都市に訪問。

コロンビア旅のルート

コロンビアは男のロマンがたっぷり詰まった国でとにかく美人が多いです。しかもスタイル抜群なので、気づいたらつい見惚れてしまっていた事が多かったです。(妻にバレていないはず)

治安の悪さが語られることが多いですが、しっかりと警戒して気をつけるべき基本的なことを気をつけて調子に乗らなければ危険な目に遭遇することはほとんどありません。

メデジンの夜景とまるで天空の城ラピュタのモデルのような絶景を見晴らせる悪魔の岩、サレントの世界一高いヤシの木とコーヒー農園などが見どころです。

エクアドル 13泊14日 240,608円

コロンビア・イピアレスからエクアドル・キトにバスで入国。詳しくは「コロンビアからエクアドルに陸路で国境越え!イピアレスからキトへの行き方と注意点」で書いています。キトに4泊、ガラパゴス諸島のサンタクルス島に2泊、イザベラ島に3泊、サンクリストバル島に4泊、本土のグアヤキルでバス乗り継ぎの計13泊14日で5都市に訪問。

エクアドル旅のルート

キトを観光しつつガラパゴス諸島に飛んで3つの島を巡って本土のグアヤキルに戻ってくるルートで回りました。ガラパゴス諸島は絶対行くべきです。航空券を早めに取れば往復2万円台で行けます。

正直、エクアドルはガラパゴス諸島以外あまり見どころはないです。

ペルー 14泊15日 142,752円

エクアドル・グアヤキルからペルー・リマにバスで入国。詳しくは「グアヤキルからリマへの行き方!バスチケットの購入方法・料金・乗り心地をご紹介」で書いています。リマに6泊、クスコに4泊、マチュピチュに1泊、プーノに2泊、アマンタニ島に1泊、ウロス島とタキーレ島に日帰りの計14泊15日で6都市に訪問。

ペルー旅のルート

リマの日本人宿「桜子」はかなり神宿なので超おすすめ。リマからクスコはバスと飛行機の値段が同じなので飛行機を利用することをおすすめします。バスだと24時間近くかかって大変です。

ペルーと言えばマチュピチュ遺跡が定番ですが、僻地にあるため行くのに時間がかかります。また事前に入場券を購入してから行くのが必須です。

ボリビア 12泊13日 89,712円

ペルー・プーノからボリビア・ラパスにバスで入国。詳しい行き方は「プーノからラパスへ国境越えバスでの行き方!予約方法・料金・注意点・おすすめ両替まとめ」で書いています。

ラパスはウユニ行き夜行バスの乗り換え待ちで数時間滞在、ウユニに11泊の12泊13日の計2都市訪問。

ボリビア旅のルート

ボリビアを観光したのはウユニ塩湖のみです。写真で見るより何倍も良かったです!

ラパスにある死に最も近いと言われる悪魔の道路「デスロード」を自転車で走行するツアーも有名。かなりヤバイツアーで骨折者などケガ人続出なので要注意。

チリ 7泊8日 121,323円

ボリビア・ウユニからチリ・アタカマまでバスで入国。詳しい行き方は「ウユニからアタカマまでの行き方!バスとアタカマ抜けツアーを比較」で詳しく書いています。

アタカマに3泊、プンタアレナスに1泊、プエルトナタレスに2泊の計7泊8日で4都市に訪問。

チリ旅のルート

パタゴニア観光でチリとアルゼンチンを出たり入ったりしているので、パタゴニア観光の詳しいルートは別記事でまとめているので読んでみてください。

思った以上に自然の迫力がスゴくて、移動中のバスから見える何気ない景色にも感動しっぱなしでした。レンタカーを借りて回るのが一番楽しい回り方なんだと思います。

アルゼンチン 17泊18日 332,942円

パタゴニア周遊をしている時に出入国しつつ、エルカラファテから首都ブエノスアイレスに飛行機で訪問。

ウシュアイアに2泊、エルカラファテに8泊、エルチャルテンに1泊、ブエノスアイレスに4泊、プエルトイグアスに2泊の計17泊18日で5都市に訪問。

アルゼンチン旅のルート

アルゼンチンは国土が広すぎる割に見どころが多いため1回じゃなかなか回り切れません。なかでも自然の産物が素晴らしいです。氷河やアパレルブランド「パタゴニア」のロゴのモデルになっているフィッツロイの朝焼け、イグアスの滝をはじめ南極を目指す人も。

他にも毎日スーパーで牛肉を買ってステーキとワインを楽しんでいました。ステーキもワインも安いのに超絶美味いです。日本の脂ばかりの高い牛肉が食べれなくなるほど。アルゼンチンの牛肉は赤身が最高でした。

パラグアイ 7泊8日 24,322円

アルゼンチン・プエルトイグアスからバスでパラグアイ・イグアス日本人居住区にバスで入国。詳しい行き方は「プエルトイグアスから民宿小林への行き方・料金・注意点まとめ」で書いています。

日本人居住区にある伝説の日本人宿「民宿小林」で7泊。観光という観光は特にせず南米縦断の疲れを癒やしていました。まさか南米で日本のような暮らしが出来るなんて!

民宿小林のすき焼き、卵かけご飯は絶品。

ブラジル 18泊19日 251,519円

パラグアイ・イグアス居住区からブラジル・ボニートにバスで入国。詳しい行き方は「パラグアイのイグアス移住区からボニートへの行き方・料金まとめ」で書いています。

ブラジル旅のルート

ボニートに3泊、サンパウロに6泊、マナウスに4泊、アマゾン川に3泊、車内2泊の計18泊19日で4都市に訪問。

日本人からあまり注目されていないボニートは欧米人に人気でまるで水族館のような川が最高でした。その後、サンパウロでブラジルの治安の悪さを肌で感じつつアマゾンジャングルに行くためにマナウスへ。

アマゾンのジャングルは本当にヤバイかったです。人生で一度は経験しておくべき。

ブラジルはビザが必要ですがネットで取得可能です。ビザ取得方法は「ブラジルの電子eビザをオンラインで申請する方法!全手順を分かりやすく解説」をご参考に。

ブラジルからポルトガルに飛んでアフリカ大陸に入りました。ポルトガルについては先程書いているので割愛します。

アフリカ

アフリカは東側を基本的にバスで南アフリカまで縦断後、島国にも訪問。約3ヶ月かけて12ヶ国回りました。かかった費用は1,345,686円。1人1日約7,500円計算です。

マダガスカルとモーリシャスに行った分、費用がかさみましたが、サファリなどのツアー料金が意外と高いので意外とお金がかかりました。

モロッコ 13泊14日 123,833円

ポルトガル・リスボンからモロッコ・マラケシュに飛行機で入国。バスと船でモロッコに入国するより飛行機が安い事があります。詳しい行き方は「1万円以下で行ける?ポルトガルからモロッコへの行き方!陸路と飛行機を徹底比較してみたら飛行機がお得と判明」で書いています。

モロッコ旅のルート

マラケシュに2泊、ティネールに2泊、メルズーガに2泊、バス車内1泊、フェズ3泊、シェフシャウエン3泊の計13泊14日で5都市に訪問。右回りで周遊しました。

インディジョーンズのような景色がそこら中に広がっていて男心をくすぐるワクワクドキドキだけではなく女心をくすぐる雑貨好きにはたまらない国でもあると妻が言っていました。

世界三大ウザイ国と言われていますが、ゲームのように話しかけてきているんだなと思えば何のこっちゃないです。

エジプト 6泊7日 143,596円

後ほどご紹介するイスラエル・エルサレムからエジプト・カイロに飛行機で入国。エジプト入国にはビザが必要ですが空港で取得可能です。詳しくは「カイロ空港から市内までの行き方!空港でのアライバルビザ・SIMカード・ATM情報も」で書いています。

エジプト旅のルート

カイロに3泊、車内1泊、ルクソールに2泊、アスワンに2泊の計6泊7日で3都市に訪問。全て電車移動です。ピラミッドもスゴいですが、アスワンからツアーで行くアブシンベル神殿の方がスゴいです。人類が作ったとは思えない。

イスラエルからの飛行機代約5万円も含まれています。

エチオピア 13泊14日 241,713円

エジプト・アスワンからエチオピア・アディスアベバに飛行機で入国。エチオピア入国にはビザが必要ですが空港で取得可能です。この旅で最も過酷な国でした。断水、停電が当たり前。

インド、エジプト、モロッコはウザい、汚いと言われていますが、エチオピアは遥かに上のレベルです。旅慣れしてても苦戦必須です。

エチオピア旅のルート

アディスアベバに4泊、メケレに2泊、ダナキル砂漠ツアーに3泊、アルバミンチに1泊、カイアファールに1泊、ジンカに1泊、コンソに1泊の計13泊14日で7都市に訪問。

特に世界一過酷なツアーと言われるダナキル砂漠ツアーはヤバイです。まるでナメック星な岩山、火山など完全にオンリーワンの存在。

アスワンからカイロを経由してアディスアベバに入る航空券代約7.5万円も含まれています。

ケニア 5泊6日 98,794円

エチオピア・モヤレからケニア・ナイロビにバスで入国。詳しくは「モヤレからナイロビまでの行き方・料金・チケット購入方法・注意点まとめ」で書いています。

ケニア入国にはビザが必要ですが、国境のイミグレで取得可能です。ビザの種類はケニア1ヶ国のみのビザだけではなく、ウガンダとルワンダのビザがまとめて取れる3ヶ国ビザもあります。

ケニア旅のルート

ケニアには車内1泊、ナイロビ2泊、サファリツアー2泊の計5泊6日。サファリツアーに大興奮!おまけにマサイ族にも会えてしまいます。ちなみにサファリツアーはケニアではなくタンザニアで行く人も多いです。

ウガンダ 6泊7日 57,912円

ケニア・ナイロビからウガンダ・カンパラに夜行バスで入国。詳しくは「ナイロビからカンパラまで快適なバスでの行き方!チケット購入方法・料金・注意点まとめ」で書いています。

ウガンダ旅のルート

ウガンダには車内1泊、カンパラ1泊、チンパンジートレッキングと世界最小民族のピグミー族に会いに行くためにフォートポータル4泊の計6泊7日で2都市に訪問。

チンパンジーってもっとカワイイと思っていたけどかなり大きくて迫力満点でした。

ルワンダ 3泊4日 11,529円

ウガンダ・フォートポータルからルワンダ・キガリに夜行バスで入国。詳しくは「フォートポータルからキガリまでバスでの行き方・料金・所要時間・注意点まとめ」で書いています。

ルワンダ旅のルート

ルワンダにはキガリに3泊のみです。高校生の時に見た映画「ホテル・ルワンダ」があまりにも衝撃的でいつか訪れてみたいと思っていた場所。今は平穏な日常を取り戻していて、教育に対する力の注ぎ方が世界的に見ても熱心。映画の舞台になったホテルもまだ存在していて宿泊可能です。

ザンビア 5泊6日 114,150円

ルワンダ・キガリからザンビア・ルサカに飛行機で入国。ザンビアに入国するにはビザが必要ですが空港で取得可能です。

ザンビア旅のルート

ザンビアにはルサカ1泊、ビクトリアの滝があるリビングストン4泊の計5泊6日で2都市に訪問。

ナミビアでレンタカー周遊旅をしたい人は、リビングストンでレンタカー周遊仲間を集めやすいです。日本人がよく宿泊する宿に行ってみると同じように仲間集めをしている人が見つかります。

ただし、クセの強い人がちらほらいるので合わなそうな人とはキッパリ断ることをおすすめします。合わない人との旅ほど苦痛なものはないですからね。

ルワンダ・キガリからザンビア・ルサカまでの航空券代約6万円も含まれています。

ボツワナ 1泊2日 19,210円

ザンビア・リビングストンからタクシーと船を乗り継いでボツワナ・カサネに入国。詳しくは「リビングストンからチョベ国立公園(カサネ)への行き方・料金・国境越え時の注意点まとめ」で書いています。

ボツワナ旅のルート

ボツワナにはカサネのチョベ国立公園に1泊。ボートサファリと普通のサファリツアーに参加。ボートサファリではカバがたくさん見れました!

ナミビア 12泊13日 179,778円

ザンビア・リビングストンからナミビア・ウィントフックに夜行バスで入国。詳しくは「リビングストンからウィントフックへの行き方・チケット購入方法・注意点まとめ」で書いています。

ナミビア旅のルート

ナミビアにはウィントフックに3泊、レンタカー周遊に9泊の計12泊13日で5都市に訪問。ナミビアに訪れるならレンタカー周遊はマスト。絶対に絶対に経験して欲しいです。

キャンプをしながら自分で車を運転してサファリパーク内の動物を探しに行ったり、世界一美しい裸族のヒンバ族に会いに行ったり、ナミブ砂漠に行ったり、アフリカ旅のハイライトになること間違いなしです。

アフリカ旅で一番良かったのは?と聞かれたらナミビアのレンタカー周遊と即答します。アフリカNO.1ですね。

南アフリカ 5泊6日 69,291円

ナミビア・ウィントフックから南アフリカ・ケープタウンに夜行バスで入国。詳しくは「ウィントフックからケープタウンへバスでの行き方まとめ!チケット購入・料金・注意点」で書いています。

南アフリカ旅のルート

南アフリカにはケープタウンに5泊のみ。まるで砦のように存在するテーブルマウンテンやライオンズヘッドは圧巻。アフリカ大陸縦断記念に最西南端の喜望峰に行きましたが、達成感とは違う安堵感のようなとても感慨深い感情が湧いてきました。治安があまり良くないので要注意。

マダガスカル 14泊15日 182,342円

南アフリカ・ケープタウンからマダガスカル・アンタナナリボに飛行機で入国。マダガスカル入国時はビザが必要ですが空港で取得可能です。詳しくは「アンタナナリボ空港から市内までの行き方・アクセス!空港でのアライバルビザ・SIMカード・ATM情報も」で書いています。

マダガスカル旅のルート

マダガスカルにはアンタナナリボに5泊、バオバブの木がそびえ立つバオバブ街道に行くためにモロンダバに9泊の計14泊15日で2都市に訪問。交通インフラが全然整備されていないので、違う都市に行くのに丸2日かかったり、道が冠水していたりして行けないこともあります。

マダガスカルを旅する際は、事前に多めの日数を確保しておいた方が良いです。ちなみに、アンタナナリボではフォアグラが格安で食べれます。フランス植民地だったのでフランス料理が美味しいですよ。

南アフリカ・ケープタウンからマダガスカル・アンタナナリボまでの航空券代約10万円も含まれています。

モーリシャス 5泊6日 103,538円

マダガスカル・アンタナナリボからモーリシャスに飛行機で入国。5つ星ホテルに宿泊するために訪問しました。

モーリシャス旅のルート

レンタカーを借りて島内を巡りましたが、観光地はほとんどなくホテルを楽しむのがメインです。インド料理が多めです。SPGアメックスカードのおかげで5つ星ホテルに無料宿泊な上に客室アップグレードされて超優雅な天国でしたね。

マダガスカル・アンタナナリボからモーリシャスまでの航空券代約6万円も含まれています。

中東

中東はイスラエルのみ4日間滞在。1人1日約15,000円計算です。イスラエルのみの滞在でしたが物価はかなり高いです。

イスラエル 3泊4日 115,971円

モロッコ・カサブランカからマルタを経由してイスラエルに飛行機で入国。ビザは不要。ちなみにどういう理由か分かりませんがイスラエル出入国時はパスポートにスタンプが押されません。

イスラエル旅のルート

エルサレムで観光しつつ、死海まで日帰りで行ってきました。傷がある状態で死海に入ると間違いなく激痛が伴なうのでご注意ください。お尻にちょっとでも傷がある人はめっちゃヤバイと思います(笑)

街中にライフル銃を持った軍人さんが普通に歩いています。しかも女性の軍人さんもです。異様な光景です。

イスラエルの物価はヨーロッパ並に高いです。

アジア

アジアは約一ヶ月かけて7ヶ国回りました。1人1日約8,000円計算です。

インド 9泊10日 160,273円

モーリシャスからドバイを経由してインド・デリーに飛行機で入国。インドはビザが必要ですがオンラインで取得可能です。取得方法はこちらの記事を参考に取得しました。

インド旅のルート

インドにはデリーに3泊、アグラに1泊、バラナシに3泊、車内1泊、コルカタに1泊の計9泊10日で4都市に訪問。

バラナシの日本人宿ルドラゲストハウスのオーナーあきこさんにはめちゃくちゃお世話になりました。バラナシに行くなら絶対に会ってほしい人です。現地に住んでいるからこそ知っている場所に連れ回してくれますよ。

モーリシャスからインド・デリーまでの飛行機代約10万円も含まれています。

タイ 3泊4日 52,284円

インド・コルカタからタイ・バンコクに飛行機で入国。

タイ旅のルート

タイには5〜6回来ているのでマレー鉄道に乗るために滞在。バンコクに2泊、車内1泊の計3泊4日。深夜特急ファンにはたまらないコースですよね。

インド・コルカタからタイ・バンコクまでの飛行機代約2万円も含まれています。

マレーシア 7泊8日 57,876円

タイ・バンコクからマレーシア・ペナン島に夜行電車で入国。詳しくは「マレー鉄道で半島を縦断旅!モデルルート・費用・予約方法まとめ」で書いています。

マレーシア旅のルート

マレーシアにはペナン島に2泊、クアラルンプールに5泊の計7泊8日で2都市に訪問。ペナン島はご飯が美味しくクアラルンプールは大都会。ちなみにクアラルンプールは世界で一番5つ星ホテルが安く泊まれると言われていて、1泊1万円ほどで宿泊可能です。

シンガポール 3泊4日 34,167円

マレーシア・クアラルンプールからシンガポールに夜行バスで入国。詳しくは「クアラルンプールからシンガポールまでバスでの行き方!値段・チケット購入方法・様子を細かく徹底解説」で書いています。

シンガポール旅のルート

シンガポールには計3泊4日滞在。妻の友人宅に泊めてもらいシンガポールの日常を体験。

ベトナム 10泊11日 94,237円

シンガポールからベトナム・ホーチミン経由でフーコック島に入国。ベトナムにはフーコック島に7泊、ホーチミンに3泊の計10泊11日で2都市に訪問。

フーコック島のマリオットホテルに無料で7連泊したのですが、ホテル暮らししたくなりました。ベトナム料理大好きです。

カンボジア 6泊7日 66,367円

ベトナム・フーコック島からカンボジア・プノンペンにバスで入国。カンボジア入国にはビザが必要ですが国境のイミグレで取得可能です。ほか空港でアライバルビザも取得可能です。

カンボジアにはプノンペンに1泊、シェムリアップに5泊の計6泊7日で2都市に訪問。5回目くらいなので特に観光せず大学時代の友人のお店に入り浸っていました。カレーとコーヒーとチーズケーキが売りのお店はこちら。シェムリアップの中で一番WiFiが速く落ち着いてノマドワーク出来ます。

フィリピン 5泊6日 73,094円

カンボジア・シェムリアップからマレーシア・クアラルンプールを経由してフィリピン・セブ島に入国。フィリピンにはセブ島に5泊6日滞在。

僕ら夫婦の世界一周はじまりの場所です。旅のスタートである語学学校「クロスロード」で締めくくりました。最高の学校がスタートだったからこそ最高の旅にできたんだと思います。

日本帰国 32,030円

フィリピン・セブ島からマニラを経由して関西国際空港に帰国。

まとめ

今回の世界一周は安宿を泊まり歩いて宿代を抑えつつも、行きたい場所や見たいものはお金の事を気にせず積極的に見に行った感じです。

1人300万円の予算があったら1年間の世界一周はかなり満喫することが出来ます。語学留学に行かなかったら260万円もあれば十分です。

という事は、考え方を少し変えると旅をしながら年間260万円稼げる状態を作っちゃえば貯金なんて無くても楽しみ尽くせるという事です。旅をしながら月20万円稼げるなら貯金ゼロでも行けちゃうんですよね。

すごくいい時代に、いい国に生まれてきたんだなと世界を回って改めて思いました。世界一周は思っている以上に身近なものでした。

でも、もっと早く行っておけば良かったとは1ミリも思わないものでして。1人では決して手に入らない2人の思い出はプライスレス&タイムレスで一生モノの宝物となりました。

当ブログには世界一周に必要な情報をこれでもかというほど盛り込んでおり、その目的は収益化も考えていますが、そんな小さな事ではなく次の旅人がもっといい旅が出来るようにという想いを込めています。その想いはブログをご覧頂ければ伝わると思いますし、お金目的だけではここまで続けられなかったと思います。

世界一周を考えている全ての人がいい旅になることを祈っています。

僕ら夫婦は来年あたりに貯まったマイルを使ってファーストクラスの世界一周航空券を発券して世界二周目を考えています。次の旅人に負けないようにさらに旅を続けます。

一周目が終わると二周目に行きたくなるのは旅の後遺症だと思っていまして、二周目が終わると三周目に行きたくなるのだと思います。一度世界一周してしまうと旅の後遺症は死ぬまでつきまとう可能性がありますので、どうかご注意ください(笑)

マイルの貯め方はしつこいくらいに詳しく解説していますので、以下の記事を読んでみてください。爆発的に貯まるので、1年もあればファーストクラスの世界一周航空券が手に入りますよ。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!